ペニス増大サプリ

ペニスが立たない40代・50代の中高年の改善策は?

  • 性欲はあるのに我が息子が思い通りに反応しない。
  • 勃起はするが硬さが足りなにので中折れしてしまう
  • 童貞の時のような爆発的な勃起ペニスになりたい

 

このような願望を持つ中高年男性は非常に多いのです。

 

ペニスが立たない中高年の深刻な悩み

男

まさに、男性の悩みの中でも深い悩みになりやすいのは、勃起不全です。

 

現在の日本では、毎年勃起不全になる男性が増加する傾向にあります。

 

その多くが中高年に多い症状ですが、最近では20代の患者も増えてきています。

 

とは言え、やはりペニスが立たない悩みは、圧倒的に中高年が多くなっています。

 

 

ペニスが立たないことで、それまで妻や彼女などのパートナーと楽しんでいた夜の営みも、徐々に遠ざかって来てしまいます。

 

そうなると、夫婦であれば、長年共に連れ添ってきた夫婦の仲に亀裂が入ってしまう恐れもあるでしょう。

 

また、男としてのプライドという面でも、精神的なダメージを負ってしまうことでしょう。

 

ペニスが立たないメカニズムを把握する

このような勃起不全を改善していくためには、ペニスが立たない原因と、勃起のメカニズムについての基本的な事項を知ることが重要です。

 

勃起のメカニズムとは、視覚や触覚などから女性に関する性的刺激を受けた後、脳が勃起させるように信号を送ります。

 

すると、ペニスに血流を促すように指令を受けて、血液がペニスに送られ、勃起状態になるのです。

 

 

さらにその後も、血液がペニスの海綿体細胞に留まるように指令が出され、長い間硬い状態を保ちます。

 

ペニスが立たないということは、このメカニズムのどこかに問題が生じているということです。

 

ペニスが立たない2つの原因

ペニスが立たない原因は、大きく分けて2つあります。

 

ひとつは精神的な要因で、もうひとつは肉体的な要因です。

 

.それぞれについて詳しく見ていきましょう。

ストレスがペニスの勃起に与える悪影響

 

現在の日本社会の構造はストレスが蓄積されやすい時代となっています。

 

それは、社内の人間関係であったり、仕事でのミス、長時間労働などの待遇面、家庭に帰っても妻から給料が安いなどと小言を言われ、妻は子供の世話で手一杯で自分は相手にされず一人で自室にこもってオナニーする。

 

まあ、オナニーの方が気楽ではありますが、勃起したペニスにとっては女性との性行為の方が最高の快楽を得られるはずです。

 

 

まさに中高年男性にとっては常にストレスにさらされているストレス社会と言わざるをえない状況です。

 

 

ストレスを感じていると、脳からの性的興奮が遮断されたり、血流を促す指令が遮断されたりするため、勃起が起きなかったり中折れを起こしたりすることがあります。

 

その他にも、自分自身にコンプレックスを持っていたり、心配事や不安、悩みを抱えていたりすると、それらが精神的な要因となります。

 

このようなことが原因となっている場合は、環境を変えたり不安を解消したり、リラックスできることを取り入れたりすることで、改善されることがあります。

 

ペニスが立たない肉体的な要因

 

一方の肉体的な要因の場合は、特に中高年以降に起きやすいです。

 

肉体的な衰えから、血流が悪くなり、充分な血量をペニスに送ることができずに立たないことが多いのです。

 

この場合の改善策は、肉体を若返らせる働きかけが必要となります。

 

 

最近、食べる量もそれほど多くないのに太ってきたと感じている方もいるのではないでしょうか?

 

それは年を重ねるほど代謝が悪くなっているからです。

 

 

勃起不全の原因に生活習慣の乱れもあげられますが、その場合の改善と同様で、運動不足を解消し、栄養の偏りがないように食生活を見直し、質の良い睡眠を充分に取ることが重要なのです。

 

また、過度に疲労がたまっている場合などは、サプリメントで栄養の補給をすることも良い手段となります。

 

ペニス増大サプリ


page top