ペニス増大サプリ

性行為の途中で萎える40代・50代のペニスの改善策

40代の男

40代になってペニスの勃ちが弱々しくなっていると悩んでいるのではありませんか?

 

それも決して珍しいことではありません。

 

実は現在の日本では、毎年のように勃起不全や中折れに悩む男性が増え続けています。

 

今では高齢化社会が進んでいるため、このような悩みを持つ男性が増えていても不思議はないかもしれませんが、最近は若い世代の男性にも、このような症状が増えているのです。

 

 

しかし、やはりこのような悩みが多くなるのは、40代から50代の男性です。

 

特にペニスが性行為の途中で萎えるという悩みが多く、完全に勃起不全ではないにせよ、性行為が以前のように楽しめないということが多いのです。

 

40代・50代の男性のペニスの現状

40代の男性のペニスが性行為の途中で萎える原因の多くは、肉体的な衰えです。

 

50代の男性のペニスが途中で萎えるのも同様に体の老化が原因で、個人差がありますのでそれは40代になってから衰えるか、50代で衰えるかの違いです。

 

その他にも精神的な原因も考えられますが、最初から勃起をしないのではなく途中で萎えるという場合は、肉体的な原因の方が多いのです。

 

 

40代になると、身体の至るところに衰えが見えはじめますので、改善するために一番必要なのは、生活全般を見直していくことになります。

 

そして50代になると常に疲労感がとれないといった男性更年期障害特有の症状になる方もいます。

 

しかも、徐々にではなく40代になるとこれまで元気だったペニスが突然のようにガクンと持続力がなくなり自信を失ってしまう方も多いのです。

 

 

30代までは、仕事や遊びにある程度の無理がききます。

 

仕事終わりに同僚と夜遅くまで飲み歩いた経験はありませんか?

 

それも30代だからこそ楽しくできた夜遊びなのですよ。

 

 

しかし、40代ともなると、そうはいかなくなることが多くなります。

 

衰えてきた身体を、40代からは労りながら生活することが重要です。

 

特にペニスが性行為の途中で萎えるということは、衰えが顕著にあらわれている証拠です。

 

40代・50代のペニスの勃起改善策

 

食事

では、どのように改善したら良いかというと、生活習慣病の予防とほぼ同じになります。

 

まず、食生活を見直してみましょう。

 

栄養の偏りがある場合は、身体の機能を充分に働かせる栄養が不足します。

 

すると、勃起にも必然的に影響を与えてしまうのです。

 

そのことから、身体の機能を回復させ、充分な働きができるようにバランスの良い食事を心がける必要があります。

 

 

 

そして、肉体的な衰えは、運動不足も大きく関係しています。

 

40代ともなると、身体の筋肉量も減少していきます。

 

すると、身体全体の代謝量も同時に減っていってしまいます。

 

代謝が悪くなれば、身体の中の循環が悪くなり、血流が滞ってしまいます。

 

そのことで、ペニスに充分な血量を送ることができなくなり、途中で萎えることにもつながるのです。

 

 

また循環が悪いと身体に老廃物がたまりやすくなり、これが健康にも影響を及ぼしてしまうので注意が必要です。

 

 

最後に、生活リズムを整えて、質の良い充分な睡眠を取ることです。

 

男性更年期障害の症状の一つに夜眠れなくなることがあります。

 

寝たとしても翌日に疲れが残っている場合は、深い眠りに入れていないということです。

 

身体の機能は、寝ている間に回復します。

 

質の良い睡眠がとれないと、身体の機能は回復しないため、中折れの原因にもなるのです。

 

また生活リズムが乱れることで、自律神経までも乱れていき、このことが脳からペニスを勃起させる信号を遮断させる原因となり、勃起不全や途中で萎える状態を作り出すのです。

 

 

このように、40代を過ぎたら真剣に生活習慣を見直して、性行為を長く楽しめる肉体を維持していきましょう。

 

男性の活力をつけるサプリを試してみることも一つの方法ではあります!

 

ペニス増大サプリ


page top