ペニス増大サプリ

性欲があるのに勃起できない中高年のペニスの改善策

悩む中高年

女性と性交をしたいという気持ちがありながら、いざという時にペニスが勃起しないということは中高年であれば決して珍しいことではありませんね。

 

妻では性欲が湧かないから、会社の女性社員を誘ってみた。

 

しかし、いい関係になったとしても勃起できるか不安だからもう一歩踏み込んでいけないという悩みがありませんか?

 

下半身の悩みは人には相談しにくい問題であり一人で考えてしまいがちです。

 

では、今回は性欲はあるのに勃起できない中高年男性のためのペニス改善策というテーマで解説していきます。

 

血流が悪いと勃起できない

性欲があるのに勃起ができないという症状を改善するには、まずその原因について考えなくてはなりません。

 

ではこういった症状の原因としてはどういったことが考えられるのかと言うと、根本的な部分にあると考えられるのは血流の悪化です。

 

人の体は常に前進を血液が巡るようになっており、この血液によって酸素をはじめとする必要な物質が体の各部に送られています。

 

逆に言えばこの血液の流れ、血流が悪化している場合には体の本来の機能が発揮できなくなることがあり、勃起ができないという症状はこの血流の悪化が関係していることが多いのです。

 

 

具体的には陰茎部への血流ですが、これが悪化してしまっていると勃起に必要な血液、つまり陰茎海綿体に流れ込んで陰茎を硬化させるに足るだけの血液が確保できず、勃起が出来なくなっているということが原因として考えられます。

 

ストレスがペニスに流れる血流を悪くする

さて、では陰茎海綿体に必要な血液が送られてこなくなる原因は何かという話になるわけですが、中高年の男性ということで考えるとまずストレスが疑わしい要因となるでしょう。

 

仕事の悩みや家庭生活での悩み、またそのほかの精神的な不安などがストレスとして長期間存在しつづけた場合、人体に存在する自律神経のうち、交感神経が活発に働き続ける状態が作られます。

 

交感神経は人の体を活動状態に変化させる働きを持つ神経で、この交感神経が活発に働くと血圧は高い状態に保たれやすくなってしまいます。

 

もちろん適度であれば体を活性化させるために有益な働きなのですが、これが長期間続くと血管には慢性的に高い血圧がかかる高血圧状態が作られてしまい、陰茎部の細い血管がダメージを受けて弱り、血液の流れが滞ってしまうことがあるのです。

 

もし普段から高血圧気味だという場合には、まずストレスを和らげて精神的にリラックスできる環境を作るべきでしょう。

 

勃起する必要な栄養素を摂る

また同様に疑わしい原因と言えるのが栄養素で、特に高血圧気味と診断されたことがある人の場合は普段の食生活における栄養素のバランスが悪化している可能性があります。

 

特に脂肪分が多い食事を続けていると血液中に含まれる中性脂肪が増加してしまい、粘性の高い血液となって細い血管の中を通れなくなり、陰茎海綿体への血流が阻害される可能性が出てきます。

 

加えて亜鉛をはじめとするミネラル類についても性機能に関連が深いとされていて、もし食事量が少ないのであれば亜鉛サプリなどの補給を考えてみる価値もあるでしょう。

 

ただこういった中高年における「勃起ができない」と言う症状は、EDのシグナルである可能性も否定できません。

 

そのため症状が長期的に続くようであれば、専門医の診察を受けることも検討してみてください。

 

ペニス増大サプリ


page top